• お問合せ

よくある質問(購入について)

イエステーション姶良店

0995-56-8808

営業時間 9:30~18:00/水曜、第2・3火曜定休

イエステーション霧島店

0995-46-8880

営業時間 9:30~18:00/水曜、第2・3火曜定休

よくある質問(購入について)

自己資金が少ないのですが購入できるのでしょうか?

最低でも準備しておきたい自己資金は、物件購入の頭金と諸費用です。それ以外の部分は一般的に住宅ローンを組みますが、物件価格の80~90%程度を目安と考えていただければ良いかと思います。ただし、金融機関によっては100%ローンの利用が出来る場合もございますのでお気軽にご相談下さい。

賃貸と持ち家どっちが良いの?

賃貸ですといくら家賃を払い続けても自分の物にはなりません。持ち家だと住宅ローンを抱える事に不安を覚えるお気持ちは解りますが、持ち家であればいざという時に売却することもできます。そういったこともふまえてご検討ください。

自己資金が少ないのですが、全額借り入れすることはできますか?

可能な場合があります。近頃金融機関の考え方は、物件主義から人物主義に変わってきています。お客様によっては諸経費やリフォーム代金も含めて全額借り入れできるケースもあります。しかし、資金計画をしっかりと立てなければ、毎月の返済が生活に大きな悪影響を与えることになってしまう恐れがあります。お気軽にスタッフまでご相談ください。

購入時の諸経費はどのくらいかかりますか?

売買代金以外に、印紙税・登録免許税・不動産取得税等の税金や、ローンの事務手数料・保証料・火災保険料など、また、仲介物件であれば仲介手数料もかかります。ケースバイケースですが、一般的に6~10%程度といわれております。引っ越し費用などと合わせて、あらかじめ準備しておいてください。

希望条件の優先順位が絞れません。どうしたらよいでしょう?

お客様それぞれのライフスタイルが違うように、優先順位の付け方もそれぞれです。しかし、将来変更の利く間取りや内装、変更の利かない立地や環境・利便性などの部分、そして金額とを分けて考えてはいかがでしょう?そうすることで優先順位が明確になり整理しやすいと思います。金額が頭にあると、他の条件がなかなか判断できなくなるものです。

値引きの交渉は可能ですか?

物件次第ですが、売主の合意があれば可能です。価格交渉は購入希望者に購入の意思があることが前提になりますので、購入申し込み書に希望価格を記入して行うことになります。価格の交渉は相手の心情を害さないようにお話をすすめることも大事です。当社のスタッフにご相談ください。

申込み書を書いたら買わなければいけないの?

そんなことはありません。この書類は、購入の意思を示し交渉権を得る為の書類なので、提出後に止むを得ず契約を断りたい時はペナルティなしで撤回することもできます。しかし、購入意思が決定していない段階で物件をおさえるために申込み書を書くことは避けるべきです。売主さんに対して諸条件を交渉するわけですから、失礼のないようにしましょう。ちなみに申込み時に、預かり金のようなお金も必要ありません。

同じ物件が別の不動産会社で紹介されていたんだけどどういう事?

現在、物件情報は不動産業者専用のインターネットや業者流通図面などですべての不動産業者が共有・提携をしています。そのため、何社もの業者が売主の承諾を得て広告を出しているのです。

チラシに「駅から徒歩5分程度」とありますが、所要時間の基準は?

不動産広告の所要時間は、道路距離80メートルを単純に1分として計算し、1分未満の端数は切り上げて表示しています。途中の坂道、階段、歩道橋などや、信号待ちの時間などは考慮していません。購入したい物件が定まったら、実際に現地で確認される事をおすすめします。

物件を買うのに、諸費用と言った言葉を聞いたのですが、これは何のことなのでしょうか?

一般的な諸費用とは、土地見物の価格とは別にかかってくる費用になります。目安としては、新築物件では3%~7%程度と言われています。
大きく分けると
・売買契約に関する費用・・・仲介手数料、印紙代
・ローンに関する費用・・・印紙代、手数料、保証料、保険料、抵当権設定登記代金、その他
・登記のための費用・・・所有権移転登記代金、司法書士報酬
・ 不動産の税金・・・固定資産税、都市計画税、不動産取得税 です。

住宅ローンが借りられなかった場合はどうなるのでしょうか?

現在の不況の中では少なからず住宅ローンの審査が通らずにローンが組めないといった場合もございます。その為、売買契約書に住宅ローン利用の有無を記載し、住宅ローンの承認が得られなかった場合には売買契約を無条件で白紙にできることを特約に定めます。そうすることで、事前にお支払い頂く手付金は全額返還されます。
また、住宅ローンの本申込みは、申請書類として売買契約書および重要事項説明書が必要となりますので契約後でなければできません。ようやく条件に合った気に入った物件が見つかったのに住宅ローンが組めないということにならないように、金融機関では「事前審査」という制度があります。住宅ローンの利用を考えている方、ローンに不安のある方は一度試してみてください。
その他、住宅ローンにつきましては経験豊富なスタッフがご相談にのりますのでお気軽にご相談ください。

いくらくらいの物件が買えるかわからない。

いくらの物件を買えるかは、年の支払や月の支払がいくらできるかによって購入物件価格が決まります。スタッフがご相談にお応えしますのでお気軽にお問い合わせ下さい。まずは、資金計画を立ててみましょう。

登録物件数

401

2021年8月5日更新

ページのトップへ戻る